29歳独身男性会社員の彼女との結婚

彼女が「結婚して欲しい」と言ってきた。
確かにもう付き合って5年、来年にはお互い30になる。
結婚して欲しいと言われても、こちらにはまだそんな覚悟もできてない。
今言われても困る。
結婚する気がないわけじゃないけれど、今じゃない気がする。
そんなことを彼女に説明しても、「結婚する」という答えしか持ち合わせていない彼女に理解してもらうのは到底難しい話なのだろう。
もうちょっと、別な答えをさぐるっていう手もあると思うんですが。
もうちょっと待つことってできないの?とか、今はまだ結婚資金だって貯まってないよとか、仕事のこととか色々話をしたんだが、彼女は全く聞く耳を持たない。
「結婚して欲しい」の一点張り。
よくある「結婚してくれなきゃ別れる」的な話でもない。
何か隠していないか?と彼女に聞いてみた。
すると彼女は「子どもができたみたい」と答えた。
一瞬頭の中が真っ白になってしまったのだが、彼女が頑に「結婚して欲しい」と言ってきたことが理解できてスッキリした。
そうか、ついにこの日がきてしまったんだな。
ここはもう腹をくくるしかない。

「わかった。
そういうことだったんだな。
それならそうと言えばいいのに」
「だって、まだ確実じゃないし。
そういうのがなくても結婚して欲しいとはずっと思ってたんだから」
そして僕らはついに結婚を決めた。
確かに子どもでも出来ていなかったら僕自身も覚悟が決まらなかっただろうし、数ヶ月後には見切られてしまっていたかもしれないな。
良いタイミングでした。

何年経とうが変わらない愛